Home > 活動報告 2/Project report 2 > Sport for Tomorrow

Sport for Tomorrow

JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラムを実施しました

日本ラグビーフットボール協会は「Impact Beyond 2019」 及び「アジアンスクラムプロジェクト」 の一環として、日本スポーツ振興センター(JSC)、岩手県、釜石市と連携し、「スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)」プログラムとして、スリランカ及びインドネシアの子どもを対象にラグビー交流・指導会を開催しました。

スリランカ・ゴール市で実施したラグビー指導会では、地元の3学校から参加した約100名のラグビー選手に対して基本的スキルの指導が行われました。また、ラグビー指導会の前後には防災に関する講習会の開催や、市役所や防災センターを訪れ津波からの避難に関し知見を共有しました。このほか、スポーツツーリズムの現状理解のためビーチの視察を行いました。

インドネシア・ジャカルタ市では、ラグビークラブを訪問し約90名の選手に対して基本スキルの指導を行いました。また、プラムカ島では約30名の子どもたちとラグビーを通じて交流しました。スリランカと同様に、ラグビー指導や交流の前後には防災に関する知識を学んでもらいました。あわせて、プラムカ島周辺を船で周遊しスポーツツーリズムの現状を視察しました。

ラグビーの振興だけでなく、ラグビーネットワークを活用して「防災」や「スポーツツーリズム」といった地域間課題の解決も目指す今回の新しい取り組みは、地元のラグビー関係者や行政関係者に加えて、現地に派遣されているJICA青年海外協力隊のラグビー隊員が協力し実現できました。今後もラグビーの力を様々に活用しながらアジアンスクラムプロジェクトの取り組みを発展させていきたいと思っています。

期間:201826日(火)~11日(日)
場所:スリランカ(ゴール市)、インドネシア(ジャカルタ市、プラムカ島)

【派遣選手プロフィール】
・向山昌利(むこうやま まさとし) 流通経済大学准教授(日本代表キャップ6、同志社大学⇒ワールド⇒NEC

【概要】
<スリランカ>
日 程:201826日(火)~7日(水)
場 所:スリランカ ゴール市
スケジュール:
26日(火) ラグビー交流・指導会
学校教員との防災教育に関する意見交換
27日(水)  スポーツツーリズムに関する意見交換

<インドネシア>
日 程:201829日(金)~11日(日)
場 所:インドネシア ジャカルタ市、プラムカ島
スケジュール:
29日(金)  災害対策庁との防災に関する意見交換(ジャカルタ市)
210日(土)  ラグビー交流・指導会(ジャカルタ市)
211日(日) ラグビー交流・指導会(プラムカ島)
国立公園職員とのスポーツツーリズムに関する意見交換

 

 

ラグビークリニック&コーチングクリニック in タイを開催しました

日本ラグビーフットボール協会は、「Impact Beyond 2019」 及び「アジアンスクラムプロジェクト」 の一環として、2 月2 日(金)、3 日(土)の2 日間にわたりタイ王国ムックダーハーン県にてタイ及びラオスの選手ならびにコーチを対象にスポーツを通じた国際貢献事業 「スポーツ・フォー・トゥモロー」プログラムとしてラグビークリニックやラグビー大会等を開催しました。 
 
隣国ラオスから参加の46名のほか、近隣地域や地元ムックダーハーン県内からおよそ100名が参加し、友好を深めながらラグビーの指導やプレーについて学びました。
また、女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会に女子日本代表として出場し三村亜生選手からはスクラムを組む時には相手チームの選手も含めてみんなで力を合わせなければならないことを例に「One for all, All for one」の精神について、南早紀選手からはラグビーの大会を通じて出会った様々な友人とのつながりをテーマに「No Side」の精神について講話がされ、集まった参加者はラグビーのもつ価値に触れました。
 
今回の開催には地元のラグビー関係者や自治体関係者が大変尽力され、観光局や警察などの支援も得て実施されました。開会式で挨拶に臨んだムックダーハーン県の副知事は日本のみならず関係各位への謝意を述べ、地域関係者のラグビー普及への思いが強く感じられる素晴らしいイベントが幕を閉じました。
 
日本ラグビーフットボール協会はこれからもアジアをはじめとする海外のラグビー普及に取り組んでまいります。
 
期間:2018年2月2日~3日
場所:タイ・ムックターハーン県
【派遣選手プロフィール】
・向山昌利(むこうやま まさとし) 流通経済大学准教授(日本代表キャップ6、同志社大学⇒ワールド⇒NEC)
・南早紀(みなみ さき) 日本体育大学ラグビー部女子所属(福岡県立筑紫高校出身)
・三村亜生(みむら あおい) YOKOHMA TKM 所属(山梨学院大学出身)

【概要】
日 程:2018年2月2日(金)~3日(土)
場 所:タイ ムックダーハーン県
スケジュール:
2月2日(金) コーチングクリニック
                   日本のラグビー精神を伝える講話
                   ラグビークリニック
2月3日(土)ラグビークリニック
                   タッチフット大会
                   ラグビートレーニング

ガールズラグビー クリニック&フレンドリーマッチ in タイを開催しました(追加情報)

(独)日本スポーツ振興センターと連携し、タイ北部ナーン県において、タイ北部・東北部・中部・南部の6県14校から参加した女子ラグビー選手を対象に、日本人コーチによるラグビークリニックとフレンドリーマッチを実施しました。
また、体育教師向けにラグビー指導者講習を併せて実施しました。

期間:2017年2月10日~11日
場所:タイ・ナーン県
指導者:元日本代表向山昌利
女子セブンズ日本代表前ヘッドコーチ浅見敬子
リオデジャネイロオリンピック女子セブンズ日本代表キャプテン中村知春
元女子日本代表乾あゆみ
詳細はSport for TomorrowのHPをご覧ください。

>追加情報(2017/11/27)
本事業の映像が公開されました。
タイの参加者や日本人関係者のインタビューを交えた映像です。
日本語版、英語版がありますのでぜひ一度ご覧ください。
日本語版映像

英語版映像

JENESYS2017 日ASEAN青少年スポーツ交流(ラグビー)の実施について(報告)

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は、「Impact Beyond 2019」および「アジアンスクラムプロジェクト」の一環として日本政府が推進する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」招へい事業に協力し、同プログラムで来日したASEAN諸国及び東ティモールの青少年(16~18歳)と引率者約160名を対象に10月11日(水)~14日(土)の4日間にわたりラグビーを通じた国際交流事業を実施しました。

詳細は コチラ をご覧ください。

JENESYS2017 日ASEAN青少年スポーツ交流(ラグビー)の実施について

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は、日本政府が推進する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」招へい事業に協力し、「Impact Beyond 2019」および「アジアンスクラムプロジェクト」の一環として、同プログラムで来日するASEAN諸国及び東ティモールの青少年を対象に10月11日(水)~14日(土)の4日間にわたりラグビーを通じた国際交流事業を実施します。

期間:2017年10月11日~14日
場所:静岡県御殿場市、袋井市
参加者:ASEAN10カ国と東ティモールの高校生、引率者、ラグビー協会関係者
詳しくは コチラ をご覧ください。

スポーツ庁長官感謝状を受章しました

「アジアン・スクラム・プロジェクト」の一環で実施した「World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop(PDW)」がスポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)※における功績を認められスポーツ庁長官感謝状を受章しました。

PDWはワールドラグビーとアジアラグビーが主催し、JRFUがホストユニオンとなり、流通経済大学の協力を得て毎年開催しているワークショップです。アジアラグビーに加盟(準加盟を含む)する32カ国のコーチ、レフリーらの資質向上を通じ、アジアにおけるラグビーの競技力向上を目的に実施し、昨年度は12カ国より総勢40名のコーチ、マッチオフィシャル、コンディショニングコーチのエデュケーターが参加しました。エデュケーターはそれぞれの分野の指導者を養成する役割であり、その指導を受ける裨益者は10万人を超えます。

参加者はそれぞれの知見を深めるとともに、交流を図り、自らのブラッシュアップに取り組みました。彼らはワークショップで学んだ内容を自国のみならず近隣のアジア諸国へ広める役割を担い、アジア全体におけるラグビーの普及に務めることが期待されます。
JRFUはラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたスポーツムーブメントをより大きなものとし、素晴らしいレガシーとなるようアジアン・スクラム・プロジェクトに取り組んでまいります。

※スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)とは
SPORT FOR TOMORROWは、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会を東京に招致する際、IOC総会において安倍晋三首相が発表したことをきっかけに始まった日本政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業です。2014年から2020年までの7年間で、開発途上国をはじめとする100カ国以上・1000万人以上を対象としたあらゆる世代の人々にスポーツの価値を広げていく取組みです。

JENESYS2016 日ASEAN青少年スポーツ交流(ラグビー)を実施しました

ASEAN10 カ国及び東ティモールより、青少年と引率者、ラグビー協会関係者等
総勢260 名が来日し、同世代の日本人を含めた各国参加者との混成チームで
タグラグビーに取り組みました。

期間:2017年3月15日~21日
場所:静岡県御殿場市、袋井市
参加者:ASEAN10カ国と東ティモールの中学生、引率者、ラグビー協会関係者

訪日団による小田原外務大臣政務官表敬は コチラ
招へいプログラムの記録は コチラ
ラグビーリパブリック掲載記事は コチラ

日タイ キッズ タグラグビー交流

(独)日本スポーツ振興センター、タイラグビー協会、現地の学校、
バンコク・ジャパニーズ・ラグビーフットボールクラブ、流通経済大学と
協力して、タグラグビーを通じた国際交流会を開催しました。

期間:2016年2月21日
場所:ワチェラウッドカレッジ(タイ・バンコク)
指導者:元男子日本代表向山昌利
元男子日本代表四宮洋平
2015年女子日本代表伊藤絵美
2015年女子日本代表井上愛美
流通経済大学ラグビー部員

詳細はSport for TomorrowのHPをご覧ください。

女子ラグビークリニック in バンコク

(独)日本スポーツ振興センター(JSC)と連携し、タイ・バンコクで
元日本代表選手らによるタイ女子ラグビー選手へのコーチングクリニックと
パネルディスカッションを開催しました。
期間:2016年2月20日
場所:Chulalongkorn university(タイ・バンコク)
指導者:元男子日本代表向山昌利
元男子日本代表四宮洋平
2015年女子日本代表伊藤絵美
2015年女子日本代表井上愛美
流通経済大学ラグビー部員

詳細はSport for TomorrowのHPをご覧ください。
(公財)日本ラグビーフットボール協会  
Copyright Japan Rugby Football Union. All rights reserved.