Home > 活動報告 1/Project report 1 > インド/India rugby

インド/India rugby

第三週 インド指導者派遣 活動報告(5/13-24)

今回のインド代表合宿の“ゴール”は「アジア選手権に出場し勝利すること」。

私の“ミッションは、3つ。 
①インド代表の強化
②インドラグビー文化の改善
③インドラグビーと日本ラグビーの架け橋となること

結論から言うと、アジア選手権での2試合(vs Thailand / vs Chinesen Taipei)で勝利する事ができず悔しい結果となりました。

40名からスタートした代表合宿は最終的に26名に。
日本では考えられないバックグラウンドを持った選手も多く、通常はラグビーをする時間も確保できないなか、代表に選ばれる為に合宿では各々がベストを尽くしてくれたと思います。

合宿に参加してくれた全ての選手と関係者の皆さんに感謝したいと思います。ありがとうございました。

そしてゴールを達成できなかったことを申し訳ないと感じています。

インドラグビーはとても強くなるポテンシャルがあると思います。
しかし、ラグビーの環境はけっして良いとは言えません。

日本では当たり前と思っていたことが、当たり前ではないことばかりです。
例えば、

・グランドは芝と土の中間のようなデコボコな状態で、雨が降るとプールに変わる。
このため、翌朝のジョークは「今日は皆でスイミングする?」。インドの選手はジョークが大好き。

・気温は常時45度前後、時折強風が吹く為、体感温度は50℃を超える。そのため練習は早朝と夕方にしかできない。

・水は各自が用意する。厳しい暑さのため、練習中に何度も水休憩を挟む必要がある。ウォーターブレイクはパニピヨ!と叫ぶと皆が笑い、ダルピヨ!と叫ぶと大爆笑になります。ちなみに、ドゥトピヨ!と叫ぶと、一部の人が爆笑します。
※パニピヨは「お水をください」、ダルピヨは「お酒を飲め!」、ドゥトピヨは「ミルクを飲め!」の意味。

・ボールは長く使い込んでいるため全部つるつる。マーカーの数も少なく、タックルダミーなどの練習道具は一切ない。

・日本から持参したディスク型のマーカーが非常に役立ったたが、地元の子どもがディスクマーカーをブーメラン代わりに遊びだすので、練習前にセッティングしても、置いたはずの場所にディスクマーカーはない。

・グランドのラインは自分たちで引く。毎日引くのではなく、特別な日のみ近所の子どもたち引いてくれる。22mラインや10mラインの目印がなく、周囲の樹木を目印に引く。

・街灯のようなライト1つの照明がグランドに数本あるが、十分な明るさとは言えない。ところが、不思議なことに暗闇でもある程度のプレーができ、それどころか暗闇での練習はテンションも少し高くなる。

・いつもは自分を優先するのに、何かあるとすぐ仲間のもとへ走り出す。おかげで、たびたび熱い現場に遭遇することができた。とにかく「熱い」人間ばかりだった。

・無数の野良犬が練習中のグランドで遊び出したと思うと、信じられないほど多くのモスキート(その数100匹以上!)に襲われる。

など、日本では想像すらしなかった経験に数多く遭遇しました。

最後に。

私の“ミッションは、3つ。
①インド代表の強化
②インドラグビー文化の改善
③インドラグビーと日本ラグビーの架け橋となる

振返るとミッションを達成できたのかわかりません。
彼らに何を残せたのかもわかりません。

ただ、同じ時間を共に過ごし共に悔し涙を流せた経験は、インドラグビーに一滴の貢献はできたのかもしれません。

インドラグビーはとても強くなるポテンシャルがあります。
何故か?と問われれば、彼らはラグビーを心から楽しんでいるからです。

そんなインドラグビーが、私は大好きです。
とにかく言える事は、どの世界に行ってもラグビーはラグビーで、ラガーマンはラガーマンでした。
国の違いや言葉は障害にはなりませんでした。

インド代表に貢献する為に海を渡ったはずが、私の方が勉強させてもらうような貴重な経験ができました。
今後もインドと日本の懸け橋になれるよう彼らとの交流だけでなく情報交換や知識の共有などをしていきたいと思います。

インドラグビーに関わるすべての皆さん、ありがとうございました。

1・2・3Bharat!!

第二週 インド指導者派遣 活動報告(5/7-13)

 

インドの生活にも慣れ、チームメイトとも打ち解け充実した毎日を過ごしています。

インドのカルチャーは日本と異なる点も多く、例えば練習でラスト5本と言えば、日本人の場合、5本をやり切る文化が根付いていると思いますが、インドでは納得したら5本の前に練習が終わり、納得していないといつまでも 1 more と言って練習を続けます。どちらが良いとは言い難いですが、それは彼らの自己主張の強さを実感できる瞬間でもあります。

インドでも日本人が世界で闘う為に必要なヒントが沢山ちりばめられています。

さて、チームは2回のセレクションマッチを経て、タイ遠征の選抜メンバーが決まりました。現在は試合に向けて最終調整をしています。インドの日中は40度を超えているので、朝夕に練習をしています。ただ、朝夕とは言え30度を超えています。朝は6:30、夕方は17:30から練習を開始しています。インドでの強化トレーニングの鍵は、新しいアイディアと様々なバリエーション、すなわちコーチとしての引き出しの数が必要だと感じました。

勝つ為に必要な課題は山積していますが、シンプルにチームを1つにまとめ、タイとチャイニーズタイペイとの一戦を迎えたいと思います。

 

第一週 インド指導者派遣 活動報告(4/30-5/6)

インドでの生活は貴重な経験の連続であり捉え方によっては毎日がハプニング。
現状をどうやって楽しく乗り越えるか、そんな所もテーマの1つにして生活しています。

練習は、DEF、BD、Off road、Handling、Unit など一通りの練習を行い、彼らを観察しながら選択しています。今は個々のSkill Level だけでなく、India Rugby にスタイルは無いと彼らは言うけれど、彼らが築いてきた文化や強みも理解し、限られた時間しかないので強みの更なる強化と最大のWeak pointの改善をテーマに練習を計画実行しています。

毎日顔をあわせると、さすがに距離も近くなりますが、練習では簡単なヒンドゥー語も取り入れることでリラックスした雰囲気を作れていると実感しています。

グランド外ではチームメイト達が自宅に誘ってくれたり、Off Day には Taj Mahal まで案内してくれたりと恐縮するほどに歓迎してもらい感謝の言葉しかありません。

India Rugby は来る前までは未知のものでしたが、彼らはとても前向きにRugbyに取り組んでおり、まさにRugbyの原点を思い出させてくれます。

India Rugby と Japan Rugby の架け橋になれるよう、ベストを尽くしたいと思います。

インド代表チームへの指導者派遣について

(公財)日本ラグビーフットボール協会では、アジアンスクラムプロジェクトの一環としてインドラグビー協会の要請に基づき下記のとおり指導者を派遣します。

1.派遣国:インド(ハリヤーナ州)
2.派遣期間:平成30年4月30日~平成30年5月24日
3.派遣者:神宮寺 徹(山梨学院大学ラグビー部ヘッドコーチ)
4.目的:アジア大会に向けた代表チームの強化のため
5.内容
インド代表チームへの指導および大会帯同
①ラグビーインド代表チームへの指導
②タイで開催されるAsian Rugby Championship Div-2へのラグビーインド代表チーム帯同

【派遣者のコメント】
インドラグビーに貢献できるようベストを尽くします。また、インドラグビーと日本ラグビーの架け橋になれるよう毎日を大切にチャレンジしたいと思います。

【参考】
・インドにおけるラグビー競技人口 55,290人(日本:122,872人)
https://www.worldrugby.org/development/player-numbers

・インドの世界ランキング 79位(日本:11位)
https://www.worldrugby.org/rankings/mru
元インド代表キャプテンのチョルー氏と。写真左が神宮寺氏

インド協会 指導者派遣  「ムンバイ7's」 レポート

事業名称    インドラグビー協会 指導者派遣                           
概要    アジアラグビー貢献活動「アジアスクラムプロジェクト」の一環より、インド協会からの協力要請をうけ、日本ラグビー協会よりコーチを派遣し、インド・ムンバイ7's大会出場(10/13-14)に伴う男子7人制代表コーチとして、同国7人制ナショナルチームの強化目的とした指導を行うことを目的とする     
                     
対象国    インド
                           
日程    平成24年10月1日(月) ~ 10月15日(月)
                          
担当・派遣    高濱 丈輔 氏
                           
スケジュール                         
10月2日:日本発                           
      3日~12日:合宿(早朝・昼・夕方・夜(ミーティング))                        13日~14日:ムンバイセブンズ   

インド協会 指導者派遣  「ムンバイ7's」 レポート

インド協会 指導者派遣  「ムンバイ7's」戦績

   
       【HSBCムンバイセブンズ】                           
      第一日目 Pool D                           
       ①India 0-43 Hong Kong                           
       ②India 0-33 Thai                           
       ③India14-24 UAE   
                       
      第二日目                           
       ①QF-Bowl  India 5-38 China                           
       ②SF-Shield  India 43-0 Pakistan                           
       ③SF-S2  India 7-27 Iran   

インドラグビー協会  「HSBCアジア五カ国対抗2012」 指導者派遣 計画

概  要  日本ラグビー協会よりトップリー ムコーチ有資格者を派遣し、同国ナショナルチームの強化目的とした指導を目的とする。  

                          
①日程    平成24年5月12日(土) ~ 5月21日
(月)
派遣者    渡邊 慶太 氏(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)

②日程    平成24年5月20日(土) ~ 6月3日
(日)  
派遣者    萩本 光威 氏(
株式会社神戸製鋼所

 

<大会スケジュール>
5月30日(水) 16:30 「HSBCアジア五カ国対抗2012」
ディヴィジョン3  (ロイヤル・セランゴール・クラブ)


●準決勝 インド 対 パキスタン
6月1日(金) 14:30or18:30 「HSBCアジア五カ国対抗2012」ディヴィジョン3


●三位決定戦 もしくはディヴィジョン3 決勝

渡邊 慶太氏  「HSBCアジア五カ国対抗2012」 派遣レポート

派遣期間       2012年5月12日 ~ 5月20日
指導対象    インド男子15人制代表
スケジュール  5月12日:日本発
13日:インド着→プネーに移動
14日~20日:合宿(早朝・昼・夕方の3部練習)
21日:帰国

指導レポート
指導内容としては、朝のフィットネス練習、昼の技術・戦術練習、夕方の戦術練習と、1日3回の練習プランの作成と指導。
試合までの期間が、限られた中での指導であったことから、技術面の細部よりもフィットネスの維持と、「チーム戦術」の理解に時間を割いた形であったが、これはインド代表チームからの要望も強かった為実施しました。
具体的内容としては、インド代表のゲームプラン等現状について、練習を通して確認し、アタック・ディフェンス・エリアマネージメント等、基本的なゲームプランの変更、再構築、を提案し、それをグランドで反復練習することで理解を深めた。また、その練習の中から不足していると思われた技術的な内容について、短時間ではあったが技術練習として実施した。

総括・まとめ
 約1週間の指導で劇的に変化する部分は多くはないですが、指導前後を比較するとチーム全体の「戦術」への理解、意思統一は図れました。また、様々な練習メニューを実施することで、今後の練習にも生かすことができる「材料」の提供はできたと思われます。
練習環境等、日本とは全く違った環境で練習している選手達でしたが、向上心、勝利への意欲は高く、貪欲にラグビーに向き合う姿勢には学ぶべき点もありました。
今回、派遣指導という形で日本を代表して行かせて頂きましたが、今後のインド・ラグビーの発展に少なからず貢献できたと思います。

「HSBCアジア五カ国対抗2012」ディヴィジョン3 大会報告

派遣者   萩本 光威氏
派遣期間  5月20日(日) ~ 6月3日(日)


スケジュール
5月30日(水) 16:30 「HSBCアジア五カ国対抗2012」ディヴィジョン3   (ロイヤル・セランゴール・クラブ)

●準決勝 インド 対 パキスタン

6月1日(金) 14:30or18:30 「HSBCアジア五カ国対抗2012」

ディヴィジョン3

●三位決定戦 もしくはディヴィジョン3 決勝

<大会報告>

6月1日() 1 HSBCアジア五カ国対抗2012」ディヴィジョン3 出場

●決勝 インド18-16 グアム⇒ディヴィジョン3優勝

http://www.asian5nations.com/node/675

来年度昇格決定

 

(公財)日本ラグビーフットボール協会  
Copyright Japan Rugby Football Union. All rights reserved.