HOME > アジアラグビーネットワーク 1/Asian Rugby Network 1

アジアラグビーネットワーク 1/Asian Rugby Network 1

The 17th Asian Japanese Rugby Cup 大会レポート

本年度は、昨年の開催地台北から、海を渡り、10月25日(土)、対岸の上海で幕を開けました。上海での開催は2004年第8回大会に続き、今回で2度目。今回も、前回の過去最高の大会参加者を集めた台北大会(400人)を上回る、過去最高の参加人員を記録。昨年に引き続き(公財)日本ラグビーフットボール協会より視察に訪れた日本代表岩渕健輔GMが見守るなか、15地域、12チームの参加で熱戦が繰り広げられました。

今年は、新たにインドからの参加表明があり、残念ながら単独チームでの参戦は叶いませんでしたが、ヴェトナムチームとの連合チームでの参戦、素晴らしいファイトを見せてくれました。(常連の香港は同地日本人学校の運動会と重なり、残念ながら不参加。これも、我々駐在員のラグビーの宿命でありますが、我々の一つの掟でもある「家族あってのラグビー!」を正に体現してくれたものと思っています。来年の活躍を期待します。)

また、本年から、新しい試みとして、本戦の覇権争奪戦とは別に、参加年齢制限を設けた「交流戦」を開催。40歳以上のシニアを対象とした試合を挙行、「海外不惑ラグビー」の仲間入りを致しました。これにはジャカルタが単独チーム(60歳以上を含む)を結成、地域連合2チームとの三つ巴戦で大いに盛り上がりました。まだまだ、完全な年齢区別ではありませんが、「安全で楽しい」を実践していくため、今後とも継続していく所存です。

本戦は部表の如く、予選ラウンド、決勝ラウンドが行われ、決勝は地元、上海双龍ラグビー倶楽部と昨年覇者のBangkok Japanese Rugby Football Clubの対戦に。Bangkok Japanese Rugby Football Clubが熱戦を制し、大会2連覇を達成。Bangkok Japanese Rugby Football Clubはクラブ創立50周年に花を添えることとなりました。

大会終了後、今回大会会場となった、SCSC (Shanghai Community Sports Club)での表彰式、ファンクションでは、岩渕GMより「大会のレベルが高く、決勝戦前はかなりの緊張感を覚えました」とご挨拶いただき、あわせて日本ラグビー協会から各地域へのタグラグビーセット寄贈が伝えられ、参加チームを代表して上海チームにタグラグビーセットが手渡されました。そして、全員で次回大会での再会を祈念し、閉幕となりました。

毎回のことですが、最後に、改めまして、今大会に御援助、御支援頂きましたSCSC(Shanghai Community Sports Club)、現地日系企業はじめ、各スポンサー様他皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

AJRC 会長 大國能彦
参加者全員集合。好天に恵まれた大会となった。
開会式で挨拶する岩渕GM
決勝戦は上海vsバンコクの顔合わせとなった。
アフターファンクションでは大國会長より優勝カップが贈られた。

The 17th Asian Japanese Rugby Cup 大会 試合結果

決勝トーナメント結果
トーナメント表はコチラをご覧ください。→ PDFファイルを表示


■1位グループ

優勝:バンコク
準優勝:上海 

■2位グループ
優勝:ジャカルタ
準優勝:台湾

■3位グループ
優勝:天津
準優勝:ベトナム・インド連合

予選リーグ結果 
コチラをご覧ください。→ PDFファイルを表示  

試合結果一覧 
コチラをご覧ください。→ PDFファイルを表示

17th ASIAN JAPANESE RUGBY CUP2014 開催について

17th ASIAN JAPANESE RUGBY CUP2014 が、 025日(土)中国・上海市で開催となります。

 

 今大会は、参加チーム数13チーム(参加予定選手 400)で争われます。

 各チームとも本大会に向け、事前の鍛錬、練習を十分に積み、試合に臨んでおります。

 

【大会開催概要】

1.開催日時

20141025日(土)

  開会式 :8:30

  試合開始:9:30

2.開催場所

SCSC (Shanghai Community Sports Club)

3.参加チーム

広州(中国)

天津(中国)

上海(中国)

クアラルンプール(マレーシア)

台湾

蘇州(中国)

バンコク(タイ)

ジャカルタ(インドネシア)

シンガポール

香港

マニラ(フィリピン)

ベトナム

北京(中国)

大連(中国)

インド

韓国

以上、16チーム(順不同)

 

尚、本年度から、高齢参加者の増加を踏まえ、「安全で楽しいラグビーを」という主旨で、年齢枠(40歳以上での限定参加)を設け、選手権とは別に、「交流試合」を実施することとなりました。

The 16th Asian Japanese Rugby Cup 大会レポート

本年は去る12月7日(土)、台湾・台北にて開催致しました。
1997年、Bangkok Japanese, Singapore Japanese ,それにHong Kong Japaneseの
対戦で始まった第1回(15人制)大会から数へ、16回目の今回は、天津ジャパニーズの新規参戦も含め、計8つの国・地域、12チームでの戦いとなり、昨年に続き、400人近いプレーヤー、それに応援の家族を加え、総勢400人を越える大会となりました。(第4回大会から10人制に移行)
台北での開催は2010年に続き、二度目。前回の台北大会は台湾きっての競技場での開催で、台湾ラグビー協会の御支援の強さを改めて感じた訳ですが、今回も同様、手厚いご支援を賜りました。そして、今回は、前回とはうって変わり、我々得意の「河川敷グラウンド」での開催となりました。
しかし、これが、正に我々の予てよりの気持ち「アジアでラグビーがしたい!!」が素直に表現出来る「場」となり、熱心な地元の皆さんの観戦の下、「真剣勝負」が繰り広げられました。
地元の方々の観戦を頂いての開催は過去15回の歴史の中でも始めての経験であります。
同日最終ゲームのカップ決勝戦(Bangkok Japanese対Taipei Japanese ) のノーサイドの笛に、河川敷の土手を利用したスタンドから大きな拍手が上がった時には、「正にこれだ!」と、思わず胸が熱くなり、改めてAJRCの意義を肌で感じた、大変素晴らしい大会となりました。そして、Bangkok Japanese の勝利で大会の幕を閉じました。
  ここ3年は日本協会から森会長、和田副会長(当時)の御視察でしたが、本年は中竹氏(Asia Scrum Project マネージャー)が視察、観戦に来られ、アフターファンクションで
「中年男、涙の真剣勝負に本当に感動した!」との素敵なお言葉を頂きました。 
同プロジェクトには、昨年より、AJRCとして、プロジェクト対象各地域での協力がささやかながら始まっており、2019年RWC “アジア開催”に向け、アジア各地域との橋渡し役として、協力して行きたいと思っております。
今やアジアに留まらず、欧州、アメリカにも立ち上っている同様のJapanese Clubとの連携も含め、今後とも、「ボールとグラウンド& ビールがあれば!」の初志、そして、我々選手を日頃より支えてくれている「家族」への感謝を忘れることなく、回を重ねて参りたいと思います。 因みに、次回、2014年17回大会は上海に決定しております。
最後に、改めまして、今大会に御援助、後支援頂きました台湾ラグビー協会、企業他 皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

AJRC 会長 大國能彦

16th ASIAN JAPANESE RUGBY CUP2013 大会結果

2013年 第16回大会順位
 
1位 バンコク
2位 台湾
3位 広州
4位 ジャカルタ
5位 シンガポール
6位 上海A
7位 マニラ
8位 香港
9位 天津
10位 蘇州
11位 上海B・ベトナム
12位 クアラルンプール

大会結果
予選リーグ 結果
決勝トーナメント 結果

16th ASIAN JAPANESE RUGBY CUP2013 開催について

201316th ASIAN JAPANESE RUGBY CUP2013 が、12月7日(土)台湾・台北市で開催となります。

  

16回目を数える本大会は、参加チーム数12チーム参加予定選手 360名強と過去最大の規模で実施されます。

年間を通じてそれぞれのチーム、個人がそれぞれの国、地域で地元チームとの交流を深めて活動しておりますが、年に一回日本人チームが集まる、それが ASIAN JAPANESE RUGBY CUP2013 です。


[大会開催概要]
1. 開催日時
     2013年12月7日(土) 8:30 開会式
2. 開催場所
     台北市政府体育局百齢河川敷公園ラグビー場 (添付①②)
   (台北市政府體育局百齡河濱公園橄欖球場)
     住所: 台北市士林區百齡橋下基隆河兩岸
3. 協力
     中華民國橄欖球協會
     台北市體育總會橄欖球協會
4. 後援
     公益財団法人 交流協会
     社団法人 台湾日本人会
5. 参加チーム
     Kuala Lumpur Japanese Rugby Football Club (クアラルンプール、マレーシア)
     Guangzhou Rocks Rugby Football Club (広州、中国)
     Gaiwu Japanese Rugby Football Club (香港)
     Singapore Japanese Rugby Football Club (シンガポール)
     Jakarta Japan Rugby Gila (ジャカルタ、インドネシア)
     蘇州白虎橄欖球隊 (蘇州、中国)
     Bangkok Japanese Rugby Football Club (バンコク、タイ)
     マニラハポンズ (マニラ、フィリピン)
     天津マロンズラグビークラブ (天津、中国)
     上海双龍ラグビークラブ<上海双龍レジェンド> (上海、中国)
     Vietnam Japanese Rugby Football Club (ベトナム)
     Taiwan Japanese Rugby Football Club FIVEWOODS (台湾)
     以上、12チーム(順不同)

 
予選リーグ
決勝トーナメント
大会日程

HSBCアジアセブンズシリーズ2013 第2戦「タイセブンズ」 (AJRC)レポート

去る9月20~22日にかけまして、タイのチョンブリ県にて
Asia 7's Series第2戦が男子16チーム、女子12チームが
参加し開催され、日本からもの男子と女子の代表チームが参戦しました。

結果は、男子チームが決勝で香港を破っての優勝、女子が
決勝中国に敗れての準優勝でした。

男子の決勝は、先に香港に2本取られての苦しい展開でしたが、
後半の終了間際のラストプレーでトライを取り追いつき、
延長での相手のミスにつけこんでの決勝トライ、
まさにドラマチックな勝利でした。

女子はアジアNo.1の中国に対して、体格差をものともせず、
果敢なタックルやラックで健闘しましたが、ゴールキックの差で
惜しくも敗れました。

また、昨年Asian Scrum Projectの取組みの一環で
日本協会から派遣された松尾勝博氏が礎を築いたラオスチームも
参加し、更に進歩したプレーを見せていました。

バンコクでない場所での開催で、BJとして直接的にはあまり
サポートできませんでしたが、有志メンバーが応援にかけつけたり、
選手の皆さんに補食としてお弁当やおにぎりを調達させていただきました。
とりあえず選手の皆さんが体調を崩さずにプレーでき、ホッとしています。

7人制は今後更に世界で普及・発展することは間違いなく、
一層注目される競技です。今後アジアでも各国が力を入れて
チームを強化して来るでしょうが、日本もアジアラグビー界のリーダーとして
一層頑張ってもらい、アジアでのラグビーが更に盛り上がることを期待しています。

2013.10.16   タイ 下前原氏 報告



7人制日本代表「マレーシア7's」 KLJRFCレポート


男子7人制日本代表は、8月31日-9月1日にマレーシアのクアラルンプールで行われたHSBCアジアセブンズシリーズ2013第1戦「マレーシアセブンズ」に出場し、見事カップトーナメントで優勝いたしました。
現地マレーシアでは、クアラルンプールジャパニーズラグビークラブ(KLJRFC)の皆様の熱心なサポートと応援を頂き、日本代表チームの優勝にお力添えを頂きました。
ここに御礼を申し上げるとともに、KLJRFCより頂きましたレポートを掲載させて頂きます。

現地のみなさまに多大なサポートをいただき、またご声援に後押しいただき、優勝することができました。ありがとうございました。

大会結果はコチラをご覧ください。


7人制日本代表「マレーシア7's」 KLJRFCレポート 

今回KLでは初めての開催でもあり我々もどのようなサポートが出来るかと心配でしたが、大会ホストであるマレーシアラグビー協会によりホテル、移動、食事などの基本的な受け入れは整っていました。
 
そのうえで日本協会スタッフと現場で打ち合わせを行い、試合間の捕食(日本飯屋のおにぎり)の手配補助、不足していたアイスバスの代用(子供用プール)の提供など足らない部分、有ったらより良いな、な部分を補充サポートさせてもらいました。
 
また最終日にはKL有志によるビアバーでの祝勝会を開催させて頂き、協会スタッフ、一部選手と交流を持つことが出来ました。
何よりも選手の皆さんからはスタジアムでの声援(子供たちも大興奮)が大変励みになったと感謝の言葉を頂いたことが嬉しかったです。
 
オリンピックに向けてアジア各地で各種代表が試合をする機会が増えると思います。
AJRCメンバーは私も含め多くはサラリーマン出向者の身です。
立場をわきまえながら、でもアジア各地で最大限のサポートを提供する事は、また一つラグビーの輪を広げる事になると思います。
 
 
KLJRFC 鈴木
2013.9.4
Japan7s and KL kids

第15回アジアン・ジャパニーズ・ラグビー・カップ(AJRC)レポート

(公財)日本ラグビーフットボール協会  
Copyright Japan Rugby Football Union. All rights reserved.