Home > 活動報告 1/Project report 1 > キルギス JICA/Kyrgyz JICA

キルギス JICA/Kyrgyz JICA

派遣コーチによる現地活動レポート

JICA青年海外協力隊としてキルギス共和国に派遣中の服部貴紀コーチより現地での活動レポートが届きました。
(最新情報:2014/9/29-2014/10/11)

 
929日(月)新学期
10:00-12:00 職員会議
合宿に参加していなかったザミルベック先生、アクサナビクトル先生が職員会議に参加し、久しぶりに学部の教職員が全員そろいました。カドル学部長から「明日、新1年生との初顔合わせがあるので、スーツで来るように」と言われました。

930日(火) 
9:30-10:30
新入生との初顔合わせです。教員の自己紹介がありましたが、スーツで来たのは私とカドル学部長だけでした。
ラグビー専攻は3名だと決まりました。ただ初日にひとり来ていませんでした。
17:00-19:00 ラグビークラブ
オスカル、カイラット参加
・パス
・トレーニング
・合宿の写真を見せる
私が合宿に行っていた間はアレックスも数日間カザフスタンに行っていたため、ラグビークラブの練習も休みがちだったようです。以前に比べれば人数は減りましたが、変わらぬ二人の顔を見て安心しました。


101日(水)
9:30-12:00 職員会議

102日(木)
9:30-12:00 職員会議
17:00-19:00 ラグビークラブ
オスカル、カイラット、コーリャ参加

・パス基本

・タックル基本

・トレーニング

103日(金)
12:00-
バレー・バスケットボール学部教員との懇親会
キルギス南部のジャラルバード市へ試合遠征中のアレックスから電話があり、「翌週月曜日に大会があるからレフリーとして来てくれないか」との要請がありました。急な上に、危険なため日本人は渡航を控える地域であるキルギス南部です。無理を承知でJICAに確認したところ、やはり渡航不可でした。


104日(土) 祝日
練習休み

■一週間を振り返って
合宿明けの一週間は予想通りのスロースタートでした。新一年生の中にラグビークラブにずっと来ているコーリャ君がいました。これで大学の授業とラグビークラブが連動してトレーニングできます。

私が合宿に行っている間は、アレックスもカザフスタンへ行ってしまうためラグビークラブの練習が減ってしまいました。少数ですが残る子は残ってくれたので、それは良かったです。

合宿でラグビーの楽しさを知った生徒が、ラグビークラブに来てくれると思っていましたが、誰も来ませんでした。それは彼らはそれぞれが陸上、バスケ、バレーなどの選手なため、ラグビークラブの練習と同じ時間に専門種目の練習があるためです。

今まで1114歳程度の参加が多かったためラグビースクールと言っていましたが、近頃は14,16,17歳や大人の参加もあることから、今後はラグビークラブと改めます。


10
6日(月)
学校は振り替え休日
この日キルギス南部のジャラルバード市では警察による15人制ラグビー大会が行われました。4チームが参加しました。

キルギスは地理的にも政治的にも北部と南部に別れており、警察組織内のスポーツ局もそれぞれ北部と南部で別れているそうです。ですから今回は南部の州のチームのみ参加しました。ビシュケク(北部)からはアレックスが参加しコーチ兼選手として活躍したそうです。

107日(火)
9:30-10:00 職員会議
10:00-10:50 1年生授業
室内で講義、サッカーについて
17:00-19:00 ラグビークラブ

アレックス、オスカル、カイラット、コーリャ参加
・パス基本
・タックル基本
11

108日(水)
9:30- 職員会議
この日はビシュケクに初雪が降りました。
17:00-19:00 ラグビークラブ

コーリャのみ
・パス基本
・キック基本
・ドロップキック
 コーリャに、「以前練習に来ていたメンバーたちは今何をしているのか?」と聞きました。
「ブラットは他の大学に通い始めたため、こちらの練習には来ないだろう。」
「ディマは本学の陸上専攻に入学したが、入学早々ヒザをけがしてギプスをしている。」
との情報を聞きました。

109日(木)
9:30-10:00 職員会議

1010日(金)
キルギス共和国隊員総会
隊員のための「スポーツ×国際協力」発表
日本大使公邸での活動発表
日ごろの活動について大使に報告 
キルギスでは年に一度、隊員総会が開催されます。今回、私も発表時間をいただきました。
隊員のための「スポーツ×国際協力」と題して、
JICAや世界がどのようなスポーツを通した国際協力を行っているか、
②簡単にできる遊び
③タンザニアでの経験と南アフリカW杯を例に出し、
ラグビーで国際協力をする想いについて発表しました。

1011日(土)
15:00- 練習参加者なし


■一週間を振り返って
エンジンがかかり始めると思いきや、まったくかからない一週間でした。ただ個人的には隊員総会という年に一度のイベントがあったので、それに向けて充実した一週間でした。

合宿後は四つの課題がありました。

①授業を計画に沿って進めること

②どのように効率的に教員が協力して授業をすすめていくか

③合宿でラグビーを知った生徒がビシュケクでも続けてくれること

④生徒が教育実習に行った際にラグビーを子どもたちに教えてくれるようにするサポート

各課題の進捗状況

①授業を計画に沿って進めること

授業計画については、ナジク先生とすり合わせがまだできていません。

②どのように効率的に教員が協力して授業をすすめていくか

まだ授業がまともに始まっていないので、教員との協力(チーム・ティーチング)もできていません。

③合宿でラグビーを知った生徒がビシュケクでも続けてくれること
合宿でラグビーを覚えた生徒たちと学校で会うと、向こうからあいさつをしてくれますが、やはり彼らは自分の専門種目があるため、ラグビーの練習には参加してくれません。ただ、いつも聞かれるのは「試合はいつあるんだ」ということです。試合だったら参加するということなのでしょう。

④生徒が教育実習に行った際にラグビーを子どもたちに教えてくれるようにするサポート
生徒が教育実習に行ったときにラグビーを教える事ができるようにボールの貸し出しを挙げていました。しかし、今回は
.元々ボールの数が少ない
.紛失のリスクがある
.こちらからの押しつけになってしまう (生徒が望んでいない)
という理由から見送りました。

こうしてみると、何一つ上手くいっていません。今後、修正していきたいと思います。

新入生初顔合わせ
変わらぬ参加者の三人

キルギス共和国へのラグビー指導者派遣のお知らせ

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・森喜朗)は、独立行政法人国際協力機構(JICA、田中明彦理事長)のご協力をいただき、弊協会の取り組むアジアラグビーへの貢献活動「アジアンスクラムプロジェクト」の一環として、JICAボランティア事業を通じ、ラグビー指導者を以下の通りアジアのキルギス共和国に派遣いたします。
本派遣では、派遣対象国におけるラグビー競技の発展を目的に、地域レベルでの青少年を対象にした普及活動、クラブチーム及びナショナルチーム等の競技能力向上に向けた技術指導、また、現地のコーチやスタッフに対する指導者育成を目的に活動を行います。
今回は、満20歳から満39歳を対象に開発途上国からの要請に基づいてボランティアが自分の技術や経験を活かして活動するJICAの「ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣となります。
弊協会とJICAは、「JICA-JRFUスクラムプロジェクト」として、昨年7月に連携合意書を締結しました。今後もJICAボランティアとしてラグビー指導者を派遣し、開発途上国の健全な青少年の育成に貢献すると同時に我が国関係者の人材育成を進めていく予定です。

 
【遣国・派遣期間・派遣者】
派遣先: キルギス共和国
派遣期間: 2014年1月8日(水)-2016年1月
氏 名: 服部 貴紀 (はっとり たかのり)
生年月日: 1984年6月14日(29歳)
出 身: 岐阜県
所 属: 日本ラグビーフットボール協会

 
【派遣者のコメント】
「青年海外協力隊ラグビー隊員として、キルギスへ行く機会を得られたことを大変嬉しく感じています。
現地では国立スポーツアカデミーに所属し、ラグビー指導を行います。強化と普及育成の両面から、キルギスの人々にとって、ラグビーが夢や生きがいとなるよう、精一杯活動を行います」 

日本協会サイト 詳細はコチラ 
服部 貴紀 (はっとり たかのり) コーチ

ASP Rugby Coach Dispatched through JICA

Japan Rugby Union is  sending Mr Takanori HATTORI a rugby coach to the Republic of Kyrgyzstan as a part of its contribution activities to Asian rugby, “the Asian Scrum Project”, through the JICA’s volunteer programme. 
The Japan Rugby Football Union, in cooperation with the Japan International Cooperation Agency (JICA), dispatches a rugby coach to the Republic of Kyrgyzstan in Asia as a part of its contribution activities to Asian rugby, “the Asian Scrum Project”, through the JICA’s volunteer programme.
The goal of dispatching a rugby coach is development of the game in the country and the coach will engage in a variety of activities such as promotion activities targeting local youth people, technical coaching for the performance improvement of both club and national teams and coach education for local coaches and administrators.
The coach will be dispatched as a JICA’s Japan Overseas Cooperation Volunteer (JOCV), of which programme targets people between the ages of 20 and 39. In this programme, the volunteers work with using their own skills and experiences based on the needs of developing countries.
The JRFU and the JICA concluded a cooperation agreement as the JICA-JRFU Scrum Project in July 2013 and are going to dispatch more JICA volunteer rugby coaches so that the project can contribute to the sound nurturing of young people and domestic human resources development at the same time,.

THe JICA Volunteer Programme
The JICA’s volunteer programme are operated by the JICA in the budget of the Japanese government’s ODA. Based on needs from developing counties, the JICA recruits, selects, trains and then dispatches volunteers who have and “wish to utilize” appropriate skills, knowledge and experiences as appropriate “for people in such developing countries”. The main purposes are; (1) to contribute to economic and social development and reconstruction of developing counties, (2) to deepen friendship and mutual understanding and (3) to cultivate international standpoint and return volunteer experience to society.

 
Particularly, the JOCV program was inaugurated in 1965 and over 38,000 volunteers participated dispatched in its long history.
Recruitment targets Japanese citizens between the ages of 20 and 39 (JOVCs/Youth Volunteers for Nikkei communities) and other Japanese citizens between the ages of 40 and 69 (Senior Volunteers/Senior Volunteers for Nikkei Communities) separately. The areas of cooperation cover wide range including agriculture, forestry and fisheries, sanitation, education and culture, sports as well as planning and public administration. The characteristic of the JICA Volunteer Programme is that volunteers can utilize their own knowledge, skills and experiences. The regular dispatch period is 2 years while short-term volunteer programme is also available for a minimum of 1 month.

 
Country:           Republic of Kyrgyzstan
Period:             January 8th 2014 to January 2016
Name:              Takanori HATTORI
Date of Birth:   June 14th, 1984 (29 y/o)
Union:              Japan Rugby Football Union
Place of Birth:  Gifu, Japan

 
Mr Takanori HATTORI Develment officer added "It is a great pleasure for me to be dispatched to Kyrgyzstan as a JICA volunteer staff. After the arrival, I will be attached to the National Sport Academy and engage in rugby coaching. I would like to try my best in both rugby development and promotion so that the game of rugby can give the people in Kyrgyzstan something to dream and live for".

 
The project has been created as the key component of the JRFU’s activities to realize the philosophy of the RWC 2019 Host Union, “Rugby World Cup for Asia”, for the game’s development through and after 2020 in Asia. and its goals are the  Promotion and development of the game of rugby in Asia / increase in Japan’s presence in Asia region / creation of support system for the Ruby World Cup 2019 in Japan / development of Japanese coaches and administrators.

Official Site of ARFU
(公財)日本ラグビーフットボール協会  
Copyright Japan Rugby Football Union. All rights reserved.